2010年12月15日

もしドラ

2010年のベストセラーが発表されました。「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が、12月14日に202万部に達したとのこと。書籍が192万部で、電子書籍が10万部。ベストセラーの話を聞いていつも思うのは、「売れる本は、売れているという評判によって、ますます売れる」ということ。

内容のいい本は、店頭に並んでいるだけで売れたり、一部の関係者の間で評判になって、数万部は売れるのでしょう。でも、あるところで売上げが止まる。

ところが、ミリオンセラーになるような本は、「売れている」という評判が次の売れ行きにつながり、さらにどんどん売れる。

数万部売れる本は予測できるけれど、ミリオンセラーになる本は予測できない、と聞いたことがあります。
「評判が売れ行きにつがなる本」というのが、ポイントかもしれません。
posted by 管理人 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42104679

この記事へのトラックバック